センスの違いが花に現れる

新規開店したお店にお祝いとしてスタンド花が飾られているのをよく見かけませんか?

 

開店祝い花

 

オープンするお店の店頭を華やかに演出し、視覚的な集客効果をもたらしてくれるのがスタンド花です。
たくさんの祝花が集まることもあり、花が並んだときに「どこの花屋を利用したか」で差が出ます。

 

並んでいる花の中には、目を疑うような色使いをしたスタンドも見かけます。
そのような花に自分の名前が入った立札が付いていると恥ずかしくなりますよね。

 

開店祝い花

 

センスが良いおしゃれな花を届けるにはどうしたら良いのでしょうか?

豪華絢爛なスタンド花を見て、店の前を通りかかる人は開店したそこに興味を持ちます。
ボリュームのある、明るい花たちが並んでいると目が惹かれますよね。お店の宣伝にもなるというわけです。

 

それだけではありません。スタンド花には、送り主の名前や企業名が書かれた名札が付いています。
名札は花のうえに添えられますし、人間は字があると自然と呼んでしまうものです。
お店だけではなく送り主の企業などの宣伝にもなるのです。

 

つまり、スタンド花は贈った側と贈られた側、両方にメリットがあるプレゼントなのです。

 

花だ贈って恥ずかしい思いをしないためには花や選びが大切です。
このサイトで紹介している花屋を利用すれば、満足度の高い花を贈ることができるでしょう。

 

様々な用途に贈られる花

スタンド花が一番多く使われるのはお店の新規開店祝いですが、スタンド花が飾られるのは開店祝いとしてだけではありません。
意識していないだけで、スタンド花はあらゆるシーンで使用されています。

 

例えば、コンサートやライブ、子供のピアノ発表会であったり、有名人の講演会などにも飾られています。
テレビでスタジオやテレビ局の受付が映ると、たまに花が見えますよね。
あれもスタンド花です。スタンド花は様々なシーンで、華やかに場を飾ってくれます。

 

これほど色々なシーンで利用されているスタンド花、もしかしたら自分が贈る側になる機会も出てくるかもしれません。
スタンド花は上記した通り新規開店祝いなどのお祝いごとに贈るのが多いものですが、それを知っていても、実際に贈るとなると戸惑うこともあると思います。

 

どんなものを贈れば相手に喜んでもらえるんだろう?
値段の相場は?
花の種類はどうすれば?
大きさはどれくらいがいいだろう?

 

なにごとも初めてであると、こんなふうに、わからないことだらけになってもおかしくありません。

 

そういった場合は、変に一人で悩まず、素直にフラワーショップの人に相談するのがよいでしょう。
彼らは花のプロですから、スタンド花の予算と用途を伝えて、あとのことはおまかせしてしまっても問題ありません。
予算と用途さえわかれば、送る場にふさわしいスタンド花を仕上げてくれます。

 

そうするためには、評判がよかったり、好みにあうセンスを持つフラワーショップを探すことをおすすめします。

 

贈る方も贈られる方も嬉しくなる花

スタンド花のことがよくわからなくても、パッと見た雰囲気や色合いの好き嫌いは出てくるものです。
せっかくなら自分と送り先の感性を刺激するプレゼントをしたいですよね。

 

当然ながらフラワーショップによってアレンジの仕上がりは違います。
同じ値段で同じ花を使ったとしても、まったく同じスタンド花が出来上がるということはありません。

 

豪華さやボリューム、配置のセンス、さまざまな要因が積み重なって一つのスタンド花ができます。
作成するスタッフの数だけ、違うスタンド花が生み出されるのです。

 

最近はインターネットで検索すれば、フラワーショップのサイトをすぐに見つけられます。
これまで注文されたスタンド花を載せているところも多いので、その写真を参考にしてみて自分が良いなと思った花屋を見つけてください。