四季折々の季節を感じさせるお祝花

季節ごとに贈るスタンド花は、それにふさわしいものを選びたいですよね。
しかし、フラワーショップに行ってみると、様々な美しい花が所狭しと並んでいます。

 

この中からどれを使えばいいのかなんて、初めての場合は迷ってしまうことでしょう。

 

例えば、豪華で縁起のよい胡蝶蘭はお祝いのお花として人気が高いですが、胡蝶蘭は通年あの花ですから、いつの時期でもとりあえず入れることが可能です。

 

春には春らしいコスモスや暖色系の花、夏には夏らしいヒマワリやブルー系の涼しげな花も喜ばれます。
祝花を送るときは、季節感のある花を選ぶのも良いですね。

 

スタンド花はフラワーアレンジメントとしてはかなり大型のものです。
適度に季節感を取り入れながらメインに豪華な花を据えるのが、見栄えのよいスタンド花にするポイントです。

 

メインとして入れる花にはやはり胡蝶蘭がメジャーですが、他にもカサブランカという花もあります。
カサブランカはユリの王様とも呼ばれ、とても豪華な見た目ですから、開店祝いのスタンド花に使われることも多いのです。

 

初めてでどんな花を選べばわからない場合には、店員さんに聞いてみるのが一番よいですが、お祝いの気持ちを込めたギフトですから、やっぱり花の選択にもこだわりを持ちたい気持ちはあるかと思います。

 

そんな時は難しいことは考えず、パッと見た感じでこの花がいいなと思えたものを一つ選んでみましょう。
そして店員さんに「この花を使いたいのですが」と相談してみてください。
心から「いいな」と思えるお花にお祝いの気持ちを乗せて贈れば、ただ注文するだけで済ますよりもきっと想いが伝わるはずです。

 

スタンド花は基本的には大きくてボリュームがあるほど見栄えがよいとされていますが、お店の規模によっては大きすぎて置くスペースがないこともあるでしょう。
そんな場合にも、フラワーショップの人に相談するのをおすすめします。
スタンディングアレンジの可愛らしいものを作ってもらえば、小さいお店に贈っても迷惑にならず、きちんと飾ることができるでしょう。