名札やプレートとも言われるスタンドフラワーの立札

街角で見かけたスタンド花に「祝 開店」などといった札がついているのを見たことはありませんか?
スタンド花を贈るときには、贈り主の名前などが記載された立て札がつくことになります。

 

お祝いに贈られるスタンド花の場合は、まず赤い字で「祝」と書きます。
就任祝いであれば「祝 就任」だったり、出演祝いだと「祝 ご出演」などですね。

 

そして、先方の名前と自分の名前を記載するのが一般的な立て札の書き方です。
何祝いとすればよいのかよくわからない場合は、ただ「祝」とだけ書くことや「御祝」とすることもできます。

 

葬儀の場合にも立て札はつきますが、こちらは赤い字は使われません。
黒い字で送り主の名前だけを記載することになります。

 

スタンド花を注文すると、大抵のフラワーショップはサービスとして立て札を無料でつけてくれます。
しかしたとえ有料だったとしても、それほど高額にはなりませんから安心してください。

 

立て札がないと、誰が贈った花なのかスタンド花を見た人にはわかりませんから、必ず立て札をつけて贈るようにしましょう。

 

花を複数人で贈る場合ですが、人数が多い場合には「同級生一同」「ファンクラブ一同」といったように、「一同」でまとめて記載するのがよいでしょう。
全員分の名前の記載をフラワーショップに依頼するのは控えるべきです。

 

スタンド花の立て札をつけておくのは贈られた当日から3日ほどとする地域もあります。
習慣などは地域によって様々ですので、ある地域では花が枯れるまで付けたままのところもあります。
逆に3かを過ぎると立て札を外す地域もあります。

 

このような慣習が地域ごとにあるため、自分の名前が書かれた立て札が付いていなかったからといって、気落ちする必要はありません。